旅のメモ帳

lilac283.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 01日

食べ歩きあれこれ

ちょっとご無沙汰しておりました(といってもいつもと変わらない?)

えーと。右手が腱鞘炎になってしまいました(涙)

もー、なにしても痛かったぁ~(涙)。
食事は左手でフォークでしのげましたが、包丁が持てないのが困ったのと
PCも携帯も痛いし、書類ひとつ取るのもタイヘン…。
ムリするとすぐ右腕全体が熱もってしまって辛かったので
毎日病院へ通ってマッサージしてもらっていました。
一番怖かったのは片手が腱鞘炎になってしまうと
かばうせいで両手腱鞘炎になってしまうケースも多いらしく、
残る左手も時々へんな痛みが走るのがすごく不安でした。

でも、おかげさまで今はかなりラクになってきましたよ♪
毎日病院でオーバーヒートした右腕+肩のマッサージとテーピングのおかげで
ようやっと普通に動かせるようになってきたところです。
しかし、なんで腱鞘炎になっちゃったかは、なぞーん(^^;。
そんなに酷使した覚えはないんですけどねぇ。。。
数日前から親指が痛いなぁと思っていたので、
普段からの疲労の積み重ねが出ちゃったんでしょうね。


次の旅行に行く前に、ほんとはモル編完結させてしまいたいのですが
まだすこし腕が痛いので、今日は、最近の食べ歩きについて
ちょっと息抜きがてらUPします。
(ちなみにこれは腱鞘炎になる前の、6~7月分でのことです)




まずは神楽坂散策編(笑)


神楽坂、好きなのでちょこちょと食べにいっております。
この街は路地裏を彷徨うのが面白くて、あっちこっち迷子になりながらも
雰囲気のある街並みを楽しんでいます。

で、職場ではどっぷり日本酒な飲み会が増えたので、たまにはワインが飲みたくなり
今回はJR飯田橋からすぐ近くのワインバーへ。
同じ系列店で坂上と坂下に2軒のワインバーがあり、坂上店は以前行って良かったので
今度はこちらの駅近のお店を初チャレンジ。
f0126272_16361793.jpg


店内はこちらもかなり狭いです。細長いカウンターと、奥に4名くらいのテーブルがちょっと。
でも料理はなかなか美味しくて、気軽にさくっと1~2杯飲んで帰る使い方をしても良さそう。
場所が便利なので2軒目利用もアリでしょう。
チーズの種類は坂上店のほうが豊富なので、使い分けるとGoodかも。


「LE TRAIN BLEU」
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-14
電話 : 03-3268-1812
18:00~24:00 (FOOD L.O. 23:00)
日曜・祝祭日定休 (坂上店は無休)







こちらも神楽坂を路地裏探検をしていて見つけたお店。
この看板に惹かれる(笑)お客さんは多いのか、週末の予約となると直近ではなかなか取れず
人気店のようであります。神楽坂は震災不況とは無縁の街なんですねぇ
f0126272_16155684.jpg

300円じゃあグラス小さいかなーと思いましたが、どうしてどうして。
乾杯するには十分♪
f0126272_161657.jpg

あとはお料理もアレコレ頼みました。
一皿の量が少なめなので、2人でもいろいろ味わえるのは楽しい。
この日のチョイスは、珍しいレバーのカルパッチョ
砂肝の煮込み、牛筋の赤ワイン煮にアーティチョクの素揚げなど。
f0126272_1615524.jpg

妙にニクニクしいもの&味が似通ったものばかり頼んでしまったのがちょっと失敗でしたが(^^;
自家製のイワシの酢漬けと雲丹のクリームパスタは美味。
ドリンクがとても安いので、そのへんも合わせて人気の秘密なのかもしれません。
ただ、1Fにカウンターが数席と、2Fはテーブル席になっているんですが
2Fは少し騒がしい感じがして我が家はあまり好みではなかったのと
忙しくなってしまうと店員さんの目が届かなくなってしまうのがちょっと残念でした。







この日は、銀座のグッチカフェで
銀座お勤めの友人と待ち合わせ。

グッチカフェの店員さん、この日は女性ばかりでしたが、皆とーっても美人さんばかり。目の保養でした(笑)
全員グッチのモデルさん?と思ってしまうような、長身細身のすらりとした美人さんばかりで
制服の黒のパンツが似合うのだわぁ。雇われるにも、それなりに容姿チェックも厳しいのかしらん。

f0126272_1723431.jpgf0126272_17235363.jpg


予約時間になった頃、お店を移動。
目指すお店は、三越のレストラン街に入っているネオビストロのお店です。
f0126272_17243486.jpg

茄子のコンポートとトマトのジュレのカクテル仕立てと
目の前でサーブしてくださったグリンピースのクリームサリエット風味が美味しかったんですが
印象深かったのは、お店の方の接客がとても良かったこと。
実はこの日は、フランス本店からシェフが来日中だったので、それにあわせて予約を取ったんですが
電話を入れた時点でも、苦手な食材の確認や、来店が初めてだと告げると
わざわざお店の案内の冊子と来日記念特別メニューを郵送して送ってくださったんです。
「○○様のご来店を心よりお待ちしてます」と手書きで一言添えられた小さなメモが同封されていて
ちょっと感動してしまいました。

そしてコースには食後の珈琲(ダブルエスプレッソもOKなのが嬉しかった♪)とプチフールも付くのですが
珍しく(笑)写真を撮り忘れてしまったのは、この日は思いがけなく楽しい出会いがありまして。

というのも、たまたまお隣に座ってらした方に
食後酒を(3種類も^^;)ご馳走になってしまったんです(笑)
私がちょっと離席している間に友人がどんなきっかけでなのか、お隣の方と話していて
すっかり意気投合?
私のちょうどお隣に座ってらした女性は、ほぼ同じ(バブル・笑)世代で
竹を割ったような明るく朗らかな美人さん(この日は美人さん遭遇率高し!)
食後酒がとてもお好きらしく、お相伴させて頂くことになりました♪
(いま考えてみると、ノンベな会話でした(笑)
私も普段はアルコールの許容量が追いつかないので
なかなか食後酒まではたどり着けないんですが
世の中には美味しい食後酒ってたくさんありますよね(笑)
酒談義や、美味しいフレンチを幾つも教えていただいたり、とっても楽しい時間でした。


f0126272_17244662.jpg

で。ご馳走になったのはこちら。これはワタシはお初にお目にかかるシャルトリューズVEPというお酒。
フランスの山中の修道院で生まれた薬草系リキュールで
色合いは森を連想するような不思議なグリーン。
ブランデーをベースに130種類の薬草を配合しているらしいのですが
その製法は門外不出なのだとか。
ヴェール(グリーン)とジョーヌ(イエロー)があり、
ヴェールはスパイシーな味わいで、ジョーヌはソフトでやわらかな蜂蜜の香りが特徴。

そしてこの日頂いたのは、そのヴェールを8年以上樽熟成したVEP。

とろけるような甘みの中にもハーブの青臭い爽やかな味わいがあって
度数は54%と高いんだけどずんと来るような嫌な辛さがない。
グランマルニエも香り高くて(とっても綺麗な150周年記念ボトル!)、
おまけにカルヴァドスまで頂いてしまい、
これはねぇ、アルコール強ければハマりそうです(^^;
銀座でこの価格帯で食事ができるだけでなく、
こういう珍しい食後酒を置いてらっしゃるのも、ここのお店のすごいトコロなのかもしれません。
どちらもとーっても美味しいお酒でした♡
(そうそう、このお店、新しく出たミシュランに載っていますよー)


お店の前にて。
来日中のティエリー・ブランキ氏と、 梶原シェフ。
f0126272_17413184.jpg


とっても楽しい会話で締めくくりとなった、素敵な一日でした。


「Le Beurre Noisette TOKYO」
東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 12F
03-6228-6913
11:00~15:00(LO)、17:00~22:00(LO)
無休








某グルメな方に教えていただいた広尾のビストロへも^^。

f0126272_16542847.jpg
f0126272_16544048.jpg

こちらはタテルヨシノの吉野氏が新しくオープンさせたビストロです。
立地がわかりにくくて少し迷いましたが
店内へ入ってみると、すごく可愛らしい雰囲気。こういうの好きだなぁ♪

外はジリジリと照りつけるような暑い日だったので、まずは冷えた泡を。
f0126272_16551386.jpg


f0126272_16553071.jpg

アミューズは稚鮎のエスカベッシュ。缶詰のようなお皿で供されるのがこちらの特徴のよう(笑)
一口頂いてみると、さくっと揚げたての食感。ほろ苦加減がオトナの味♪
フォアグラとレーズン&イチジクとポルト酒のソースの組み合わせは王道ですね、文句なく美味しいし
まぐろ頬肉のグリル赤ワインソースも柔らかくてとても美味でした。

そして本日のお目当てな一品の
デザートのバラのクレームブリュレ。
上に乗っているのはライチのアイス。すごくよく合って、大満足なランチでした。


ただし、ステラマリスのスペシャリテを食べたいなら、3500円のコースで十分かもしれません。
我が家は5600円のシェフおまかせコースにしたのですが、
サーモンのミキュイは3500円のコースのほうだけで、おまかせコースには含まれていませんでした。
(それとも、リクエストすればあったのかも?)

ランチはコースだけになりますが、夜はコースの他にアラカルトもたくさんあって
ブータンノワールやカスレもおいてらっしゃるようなので
今度はやっぱり夜に来てみたいな♪


「ラ・トルチュ」
東京都渋谷区広尾5-14-14
TEL 03-6459-3713
【昼】 2200.3500.5600円
【夜】 5800.9000円  アラカルト
水曜定休



☆おまけ


帰り際、麻布の○ーパーマーケットでお買い物して帰ったんですが
珈琲豆は、封がされてないまま(たまたま?)簡単な紙のパッケージに入っているだけで
珈琲の香りが全部飛んでしまっているのにはショックでした(TT)
くーっ、香りのない珈琲なんて、インスタント以下ですぞ(^^;
せっかく美味しいランチでハッピーな気分だったのに、
某スーパーの珈琲豆は、豆もあまりよくなかったし、もうあそこで珈琲は絶対買わない…(-_-;



さて、いよいよ次回からはモル編に戻ります~。
[PR]

by lilac283 | 2011-08-01 00:12 | 日常のひとこま


<< Shangri-La’s Vi...      安曇野紀行/なごみ野-4 >>