旅のメモ帳

lilac283.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 14日

HR箱根Resort and Spa

2006年12月16日にオープンしたばかりの
ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパに泊まってまいりました。
行ったのは年末です。大掃除も年賀状書きも、このために早めに取りかかって完了。
目標があると、何事もやればできる!と思った年の瀬でした(笑)
客室数は全部で79室。強羅の高台にある静かなホテルです。

f0126272_1194100.jpg







ここはハイアット インターナショナルが運営する
日本初の本格的なスパリゾートホテルだそうで、
開業の話題が出たときから、非常に気になっていた場所です。
東京には現在3軒のハイアットがありますが、
パークハイアットはもちろん大好きなホテルだけれど頻繁には行けませんしね(笑)
東京から比較的近い距離の箱根にも、くつろげるホテル(しかもSPAと冠されたもの)が
できてくれるのは大歓迎!とても楽しみだったのです。

温泉も久しぶりです。

路面凍結を心配していた冬の箱根の道路ですが、
今年は比較的暖かいせいか全く問題なし。
(ホテルへチェックインする前に、箱根の保養所へ寄って
お手頃ランチと日帰り入浴をしてきたので朝の出発は早かったですが
そのおかげか年末の東名の渋滞もパスできました。)
東京から約2時間で強羅へ無事にたどり着けました。


エントランスに車を停め、荷物を降ろし
レセプションへと案内されます。
こちらでは椅子に腰掛けてチェックインの手続き。

f0126272_1193976.jpg


ちょっと早めについてしまったのですが
問題なく、お部屋へと案内して頂けました。

予約したお部屋はスタンダードルーム。
North wingの305号室でした。
ですが、こちらは最小でも56平米あるとのこと。かなり広めです。
写真は、客室内から玄関(右奥に隠れてます)を見たところ。廊下も広々。
正面にはなんと下駄箱までついてます(笑)
姿見の鏡の先は、クローゼットとトイレ、バスルームへと繋がります。

f0126272_1214779.jpg


HR箱根の改装も、あの「スーパーポテト」の杉本氏が手掛けたのだとか。
杉本氏といえばここ最近のハイアット系でよくご活躍されていますね。
京都のHRや、ソウルのPHも杉本氏によるものです。
京都はあいにくまだ泊まる機会には恵まれておりませんが、
ソウルのPHへは去年行ったので、館内のあちこちで
同じような手法が採られているのがわかりました。


さて、お部屋の話に戻りましょう。

客室に入って目をひくのがまずはベッド。
ハリウッドツインの形にセッティングされているせいか
ベッドがとても巨大に見えます。

f0126272_125239.jpg


そしてL字型に置かれたライティングデスクとTV台。
32インチのプラズマTVとCD/DVDプレーヤーはWooo、そしてBOSEも入ってます。
引き出しの中にはジャズ(JAZZ以外にも全部でほんとは4種類あるそうです)のCDが
1枚セットされていました。
ソウルのPHにもあった引き出し型のセイフティーボックスもこちらに。

f0126272_1265064.jpg

f0126272_1272992.jpg

f0126272_10511225.jpg


ライティングデスク、窓の方向を向いているのはGoodなのですが
(壁に向かうよりこちらのほうが気分いいですよね)
ただ、こちらに座ってしまうと同行者がTVが見えないという
困った問題も(^^;
手紙を書きたかったのですが、
結局、デスクは使わないでゆっくりすることにしました。

そしてイイナと思ったのはこのサンテラスです。

f0126272_1281256.jpg


こちらも広々しており、ホテルが高台にあるため
大きな窓の外には遮るものもない見晴らしのよい眺めが広がります。
大文字焼きで有名な明星ヶ岳をはじめとした箱根の山々を見渡しながら
充実したミニバーでのお茶を楽しむなど
なかなか気持ちのよい時間が過ごせました。

f0126272_1283759.jpg

f0126272_1304267.jpg


ミニバーには、福寿園の玉露、緑茶、ほうじ茶のティーバック。
珍しく紅茶はなく、その代わりドリップパック式コーヒーがありました。


余談ですが、このサンテラスがいいと思ったことには
もうひとつ理由があるのです。

本当は私はタバコの煙は苦手なのですが、
我がオットは、愛煙家。
そんな二人が一緒に旅行に行くとなると
禁煙のお部屋にしてしまうと、オットはかなり大変なことになってしまうんですよね。
一度間違えてノースモーキングルームを予約してしまった時など
(「1泊だけだからいいよ」とオットが言ってくれたので変更しなかったんですが)
喫煙OKな場所を探してホテル内をウロウロ…
バンコクのオリエンタルで、タバコを吸おうとロビーに出ていったら
すかさず、いろんなスタッフに「何かお困りのことはございますか?」と
頻繁に声をかけられたそうで大変だったようです。
さすがオリエンタルというか、宿泊者をほっといてくれない(笑)きめ細かなサービスを
肌で実感できた瞬間だったそうですが、
タバコを吸う暇がないほど…というのは痛し痒し?(笑)

そんな訳で
ホテルによっては完全禁煙なところもあるため、さすがに可哀想なので
いつも予約はスモーキングルーム。
でもこのサンテラスは大きなガラスの引き戸で
ベッドルームと仕切ることができるため(外窓も開きました)
タバコの煙を気にすることなく
避難することができるのですよ~(笑)
ホタル族してもらいました(^^;

冷蔵庫もこちらのはずいぶん大型でした。
ミニバーの引き出し内に、おそらくルームサービス用と思われる
テーブルクロス?らしきものが入っていたのですが
実際、ルームサービスを頼んでも使われることはありませんでした…

いったいあの布は何だったのかな…。
[PR]

by lilac283 | 2007-01-14 02:08 | ホテル・旅館(国内)


<< HR箱根-2/バスルーム      ご挨拶と注意事項 >>