旅のメモ帳

lilac283.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 18日

パークハイアット東京・3 [2007.1]

<ニューヨークバー>


パークハイアットの中で
最上階の52階に位置するこのBar。

マンハッタンの摩天楼を彷彿とさせるような
ドラマティックな演出が待っています。

客室からは一旦41階へ降り、
そこからまたエレベーターを乗り換えて
45階の「CLUB ON THE PARK」と52階のNYグリル/Bar専用のエレベーターで
最上階へと向かいます。

52階にエレベーターがつくと・・・・


こんな極上の夜景がお出迎え。
f0126272_23204455.jpg




照明を極力落とした薄暗い中、
否が応でも目の前の
足元から広がる全面ガラス窓の夜景に
目が吸い寄せられます。
摩天楼の夜景の中に浮かんでいるかのよう。
f0126272_23214993.jpg


Barを利用する場合は
ぜひコンシェルジュに希望を伝えるか
客室から利用の旨の連絡をいれましょう。
予約は不可ですが
席が空き次第、お部屋に案内の電話をくださいます。
それまでのんびり客室での夜景も楽しめますから。

Barに行ったのは夜の10時頃でしたが、週末は長蛇の列。
その列を横目に
エスコートされながら窓際の席へと着席。
本来は4名席でしたが、2人横並びで夜景を眺められる形で
使わせて頂けました。

店内は活気にあふれ、
元々宿泊客にも欧米系外国人ゲストの多いこのホテル。
バーでも、あちこちで談笑している姿を見かけます。
店内の真ん中にある、長いカウンター席を見ると
ソフィアコッポラの「ロスト・イン・トランスレーション」のシーンを思い出します。


Barからの眺めは、ドコモタワー側。
お部屋からも東京タワーが望めたのですが
こちらからの夜景のほうが
東京タワーも近く大きく見え、絶景。
f0126272_23234265.jpg


まずはルイ・ロデレールのプルミエで乾杯。
夫は葉巻に合わせたお酒をチョイス。
f0126272_23243184.jpg

f0126272_23244917.jpg


JAZZの生演奏を愉しみながら
ゆっくりした時間が流れていきます。
f0126272_2325595.jpg


2杯目は大好きなマティーニ。
f0126272_23252230.jpg



深夜だとちょっと甘いモノも欲しくなりますよね。
バーメニューにはチョコレートやフルーツの盛り合わせもありますが、
このデザートはお隣のNYグリルのデザートメニューからオーダー。
f0126272_23253864.jpg

ダークチェリーのナントカとバルサミコのアイス。でも味は…普通でした(笑)


ホテルのBarに身をおいていると
背筋が伸びるのか
はたまた指先に意識が集中して所作がキレイになるせいか
普段より1~2割増し、いいオンナになった気分になるのは
気のせいでしょうか?(笑)
(といって、深夜のデザートはイケマセン・笑)

*********
 【 ニューヨーク バー 】
17:00~24:00(木・金・土は25:00)
時間帯によってはカバーチャージ2,000円要。
《この日のライブ演奏のメモ》20時から4セット。
  Diane Witherspoon (Vocal)
  Tammy Hall (Piano)
  Forris Fulford (Drums)
  Paul Dwyer (Bass)
*********

そして夜更かしした翌朝は
朝食も、怠惰にルームサービスで。
ここのエッグベネディクトはお気に入りメニューのひとつ。
でも、あれこれ試してみたい私はこの日はパンケーキに。
小瓶入りのメープルシロップ、はちみつとバター
そして数種類のベリーを使ったコンポートがたっぷり添えられています。
f0126272_23511978.jpg

朝焼けに輝く海が見えるの、わかります?
f0126272_23432074.jpg

日中はわかりづらい海ですが
この時間帯だけバラ色に輝くのです。
少しだけ早起きして、この朝焼けを見ながら朝食を食べるのが好きなのです。
極上の気分。

ルームサービスに添えられた1輪の赤い薔薇と
その日の天気予報入りのカードの言葉

「Have a pleasant day.~素敵な1日でありますように~」

1泊2日のショートトリップ。
たまにはこんな週末も悪くない。
f0126272_23461842.jpg



(・・・・と、この時点では翌週も来ることになるとは
全く思っていなかったのでした・笑)
[PR]

by lilac283 | 2007-02-18 00:23 | ホテル(東京)


<< パークハイアット東京・4 [2...      旅のあれこれ >>