旅のメモ帳

lilac283.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 19日

界ASO ①

京都レポの途中ですが、食べ歩きネタも一段落したので
2泊目のお宿に移るまえに
先月、仕事で九州へ行ったついでに立ち寄った
「界ASO」の話題をお届け致します。

※まだ比較的新しいお宿なので、写真多めに貼ってみました…が
似たような写真ばかりかもしれませんが(汗)お付き合い頂けると嬉しいです。


8000坪の敷地内に12棟の離れ形式の客室。
旅館とホテルの融合を目指した和のリゾート「界ASO」
九重連山の麓、阿蘇五岳と外輪山が広がる草原を見渡せる瀬の本高原に位置し
「ココ・ヴィラージュ」と呼ばれる新開発地域の一角にあります。


「一人で離れなんて贅沢かしら」と思いつつも、
とても気になっていたので、行ってきてしまいました(^^;。
こちらは2006年の6月にオープンしたそうなので、ちょうど1周年ということになります。


車がないとアクセスしにくい国立公園内にありますので
行くにあたり、交通の問題を含めお宿のスタッフと何度かメールのやりとりをして決めました。
予約を入れられたのはナント出張に出掛ける3日前(笑)。
(土曜なのによく予約が取れたものです…梅雨のおかげ?)
でも、メールのレスポンスもよく、
予約担当の方は皆、臨機応変に
こちらの要望に応じていろいろアレンジしてくださり、
非常に頼もしかったです。
そんな出発前の好印象が、予約に至った決め手となりました。


吹き抜けの高い天井が気持ちよい、美しいエントランス。
送迎の車が到着したときには、おそらくその日のスタッフが勢揃いで
お出迎えしてくださいました。
f0126272_1232630.jpg






****

フロント前のソファ。
f0126272_1234928.jpg


f0126272_1241192.jpg
ロビーラウンジ


本館のシンボル、暖炉をかこむラウンジ。こちらに座ってチェックインです。
f0126272_1242792.jpg


f0126272_1244367.jpg
到着時のウェルカムドリンクはお茶と和菓子で。和のおもてなし。


すぐ外には月見台が。
(チェックイン時のお茶も、こちらで頂くこともできます)
f0126272_1251338.jpg


ライブラリーの様子。
三好さんの写真集もあり、退屈はしませんでした(笑)。
リクエストすると、貸し出し用のDVDのリストも見せて頂けます。
DVDは、「風と共に去りぬ」「ティファニーで朝食を」などのような古典の名作も多かったです。この機会に見直すのもよいかと思いましたが、おとなしくCDと雑誌数冊をお借りしました。。。
f0126272_1245940.jpg


暖炉越しに見るエントランスの様子。壁面やカウンター上に並ぶのがショップの品々。
f0126272_1252526.jpg


フロントやラウンジ、ダイニングのある本館の全景
f0126272_1254264.jpg


1階がSPAになっています。
f0126272_1255629.jpg


国立公園内にある界ASOを設計するにあたり、
自然を生かした造りである必要があるため
設計を担当した「エイジ」の佐藤氏はランドスケープの参考にFSチェンマイへ
設計スタッフとオーナーを引き連れ視察に行かれたのだとか。
敷地内にはアジア風な壺もディスプレイ。
f0126272_1274671.jpg


敷地内の小道。(この写真は部屋の前の坂道を、上を見上げて撮った写真です)
高台にある本館から、全12室の離れへは1本の小道を挟んで
両サイドに点在して建っています。
高低差20m。一番遠い客室までは(たしか)150mほど。
8000坪の敷地がピンとこなかったのですが
感覚的には、アッタテラスのメイン棟からツインタワーへと歩くのと同じ感じでしょうか。
(ってあちらは離れではなく、ホテル棟ですが…)
一番遠い離れでも、さほど「遠い」という感じはしませんでした。
もちろんカートでも送って頂けますが、
本館エントランス前から小道へと出てくる間のカート専用の坂道が(ほんの10m程なんですが)
ものすごく急で、下りはカートの手すりにつかまっていないと怖かったです(^^;
(下りだけなら歩くほうが楽かも?)
f0126272_1261678.jpg


f0126272_1272076.jpg
人工のものだそうですが、小川が流れています。


8000坪の敷地内には、こんな感じに離れが点在。
地形や木々を活かし、建物を配置。
(中には下の写真のように、2軒隣り合ってるヴィラもあるので
プライバシーはどうなのかちょっと気になりますが…)
客室タイプはおおまかにいうと3タイプに分かれるそうなので
次回の参考までに空いているお部屋を見せて頂くつもりでいましたが、
お部屋がとても居心地がよくて
このあと結局夕食まで部屋から出ることはありませんでした…(笑)
f0126272_1281569.jpg



f0126272_1284723.jpg
f0126272_129462.jpg


そして、この棟が、私の宿泊した離れです。
f0126272_129291.jpg


行きの送迎での車中や、お部屋に案内してくださったスタッフも
「ここの客室からの眺めが一番好きです」と話しながら案内してくださいました。
他のお部屋は拝見していないので何とも言えませんが、
雑誌にもよく登場する客室なので、ベストビューかもしれません。
雑誌をまねたアングルで(笑)
(※通常、外から見えるワケではありません。苦労して撮った1枚(笑))
f0126272_1294693.jpg




次回は気になるお部屋の中をご紹介いたします。


********
界ASO
〒879-4912 大分県玖珠郡九重町湯坪瀬の本628-6
TEL 0967-44-1000 FAX 0967-44-1001




[PR]

by lilac283 | 2007-07-19 12:43 | ホテル・旅館(国内)


<< 界ASO ②/リビング      関西旅行⑤[2007.6]/プ... >>