旅のメモ帳

lilac283.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 22日

冬の京都③/「RENARD BLEU」

間がずいぶんあいてしまいましたが、2008年1月に2泊3日で訪れた京都旅行の続きです。
えーと。ちょうどほぼ1年前です(^^;
引越等で書くヒマなく、あっという間にもう1年も経ってしまいました。
そんな古い食べ歩きレポをアップすることに意義があるのか、といわれると
ちょっと怪しいんですが、
せっかくあちこち回ったこともあり、
ここで書かないとたぶん埋もれたままになってしまうのも悲しいので・・・。
izolaさんの俵屋レポを拝見していたら、京都熱も高まってしまったので(笑)
ザクザクッと書かせてくださいませ~。

*****

<2008.1月下旬>

京都初日。

「祇園さ々木」でランチを堪能し、
銀閣寺拝観、一保堂のお茶でほっこりしたあとのことです。。。


日中は陽が差して、比較的暖かかったけれど
日が落ちるととたんに寒くなります。
コートの襟元をすぼめ、早くお店に着いて暖まろうと
友人と2人、足早に店へと向かいました。


京都初日の夕食として予約をしたのは、
烏丸御池にあるフレンチレストラン「RENARD BLEU」
2007年10月にオープンしたお店です。

いつもなら、京都ではひたすら和食を目指すのですが
京都に足繁く通われていて食事情に詳しい方々のブログなど、
どのサイトでも評判がよかったので
以前から気になっており、訪れてみることにしました。
f0126272_2217977.jpg






f0126272_22183188.jpg



f0126272_22175765.jpg


夜のコースはプリフィクススタイルで
A(4200円)、B(6300円)、おまかせ(8400円)の3種類。アラカルトもあり。

コースの内容はこんな感じ。
Menu A
(前菜+本日のスープ+お魚又はお肉料理+デザート又はチーズ盛り合わせ) 
Menu B
(前菜+本日のスープ+お魚料理とお肉料理+デザート又はチーズ盛り合わせ) 
本日のシェフのおまかせコース 

さ々木さんでお昼をたっぷり堪能したため、
夜になってもまだお腹が空いていなかったので
メインが一皿の、軽めなAコースにしました。



だけど「本日のおすすめ」の黒板を見ていると、どれも美味しそう!
友人と私のツボをつきまくるメニュー構成に目移りしながら、
「まだあまりお腹すいてないんだけど・・・」といいつつも
的矢直送の生牡蛎も単品で追加(笑)
f0126272_22185040.jpg




f0126272_2219221.jpg
前菜の 天然明石鯛のカルパッチョサラダ ライムの香りを添えて


f0126272_22191221.jpg
本日のポタージュ 蓮根のポタージュ


f0126272_22192396.jpg
オーストラリア産骨付き仔羊のロティ エスニックな香りのソースで


f0126272_22193626.jpg
デザートの盛り合わせ マンゴーのソルベ・イチゴのシュークリーム・タルトタタン


どのお料理もおいしかったです。
蓮根のポタージュなんて初めての出会いだし、
子羊の火入れ具合もばっちり。
デザートには大好きなタルトタタン。

予約の段階でも、(ご主人かな?)電話の応対がすごくよくて
「お店の場所はわかりますか?」と細かく心配してくださったり
のっけから好印象でした。
(もっとも、地理に疎い関東在住のわたしが
電話で道案内聞いてもサッパリ…^^;なのですが
細かい気配りは嬉しいもの。
道に関しては関西在住の友人に頼りっぱなしでした)

食事中も、笑顔が素敵な奥様のサービスが非常にいい感じでした。
お値段も良心的だし、肩肘はらずにしっかりしたお料理が楽しめる、
とってもいいお店でした。


****
「RENARD BLEU」
京都市中京区姉小路通高倉東入南側加藤重ビル1F
075-231-0972
営業時間/11:00~14:30、18:00~22:00
定休日/月曜・第1日曜休


****
「ルナールブルー」での食事を終えたころ、
オットから「そろそろ京都に着けそう」とメールが入りました。
(有給とって遊んでいたツマと違って、オットは金曜しっかり仕事を終えてから
夜の新幹線で京都入りし、合流したのでした)
そして1日お付き合い頂いた友人Sさん。いつもいつも感謝でした♪
[PR]

by lilac283 | 2009-01-22 12:59 | -京都


<< 冬の京都④/ハイアットリージェ...      Park Hyatt Tokyo >>