旅のメモ帳

lilac283.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 15日

福岡出張(前編)

2008年6月某日


福岡出張が入り、せっかくなので
かねてより気になっていたJALの国内線ファーストを
利用してみました。


まだ書きかけの京都レポ、そしてこのあと沖縄レポも待ち構えているので
福岡編は簡潔?に前後編の2回でお届けします


f0126272_23395160.jpgf0126272_2340126.jpg
行きは、座席は通常の普通席でしたが、JGCの上級会員である上司と一緒という恩恵に授かり、羽田のダイヤモンドプレミアラウンジより出発♪

この「ダイヤモンドプレミアラウンジ」があるのは国内線ではココ、羽田だけ。
利用ができるのはファースト利用者と、ダイヤモンドとJGCプレミア会員、そしてワンワールドのエメラルド会員のみ。


f0126272_23403017.jpg


ダイヤモンドプレミアラウンジは、(サクララウンジとはまた別に)南北のウィングにそれぞれ1つづつあり、写真は南ウィングのダイヤモンドプレミアラウンジです。北ウィング側のラウンジは席間にパーティーションがあって、もっとゆったりしているそうですが、我々が乗る便の搭乗口に近い南にしました。なるべく人のいない場所を選んで撮りましたが、さすがに羽田は混んでました。それだけ多忙な方(上級会員)が多いってことなんだなぁ。。。


JGC会員になるとサクララウンジは利用できますが、コチラは不可(なんだそーな)。
サクララウンジよりさらに差別化されたこのラウンジ。
さすがに、とーーっても便利でした。

「空港」というと、「=広い」というイメージがありましたが
「えっ?羽田で(!)こんなに歩き回らずに搭乗口まで行けるんだ」と
びっくりしてしまうくらい、スムーズな搭乗ができるのです。
ファーストクラスのチェックインカウンターで手続きを行ったあとは、
すぐ横に入口がある「専用セキュリティゲート」で手荷物検査を行います。
それが済めば、すぐラウンジの扉。

f0126272_23404563.jpg


ラウンジ内には国内線なのでつまみは例のJALおつまみセット(笑)だけですが
ビール(無料)なども用意されており、上司によると「サクララウンジよりお酒のランクもちょっとだけ上」だそう。

f0126272_234440100.jpg
この日のビールは、「プレミアムモルツ」と「ブラウンマイスター」の2種類。
ですが、しばらくししたらエビスとハートランドに変わっていました。
夜のフライトなので仕事はもうないし、ビール好きには嬉しいコーナー(笑)


そして、我々の乗る飛行機の搭乗ゲートは
ダイヤモンドプレミアラウンジを出たらスグ目の前(たまたま?)。
いやあ~~、こんなに歩かずに羽田内を移動できるだなんて、
頻繁に国内線を利用することが多い人にとっては、とてもいいでしょうね。

わたし自身は普段は、クレジットカード会社のエアポートラウンジを活用していますが
なにせターミナルのはじっこ・・・。
混雑する保安検査場や、ながーい「動く歩道」も通らなければいけないし、
わかりやすい場所にある航空会社の上級会員向けラウンジとは当然扱いが違います。
ダイヤモンドプレミアラウンジを経由するスムーズな搭乗は
「飛行機に乗る」という煩わしい面の一部をかなり軽減してくれます。
この動線、ちょっと目からウロコな体験でした。

****

福岡でのお宿レポは後編でご紹介するとして、
次は、帰路で利用したJALの「ファースト」のご紹介です。


福岡の空港にはまだダイヤモンドプレミアラウンジはないので、
ラウンジはサクララウンジになります。
が、ちょうど2008年の6/1より
サクララウンジ内にダイヤモンド・プレミア専用セキュリティゲートが新設されたので
往路だけでなく、帰路もすすっと空港内を移動することができました^^
(なんて贅沢な出張~~)
f0126272_038692.jpg


チェックインはやはりファーストクラス専用カウンターで。


f0126272_0382634.jpg
カウンターのすぐ真横にある、専用セキュリティゲートおよびラウンジへの入口


専用セキュリティゲートをさくっと抜けると
羽田と同じようにラウンジの受付カウンターがあります。
大きなスーツケースやコート掛けなどがあるエリアには、警備員までちゃんと配置。
ほぉ~。

f0126272_039316.jpgf0126272_0391218.jpg
サクララウンジ内にもビールはありますが、やはり種類は違いますねぇ。
ただ福岡は土地柄か、焼酎もあり。
コーヒー好きの私としては、カプチーノがあるのが嬉しかった♪(←往路ではビールしか飲まなかったらしい・笑)


f0126272_0385297.jpg


搭乗時間が迫ってくると、
出発ゲートはラウンジの1つ上の階からなので、
ラウンジ内に設置されたエレベーターで上階へ移動してから
外に出る構造になっています。とってもスムーズ~。
あくまでも直前までラウンジ内エリアで過ごせるよう配慮されていて、快適快適♪
そして扉を出ると、またもや搭乗ゲートは目の前♪


さてさて、気になる機内へと乗り込みます。
f0126272_0393665.jpg

機内前方に2席×7組の、14席の専用エリアです。
座席は、白の本革シートと木目調コンソールの優しい色合い。
座席間隔は130cmで、1席の専有スペースは国内最大だそう。
お隣が席を倒していても、出入りしやすい間隔。
座面は硬めで座り心地もよく、レッグレスト、フットレストも装備。


f0126272_0413167.jpgf0126272_04079.jpg


f0126272_0401792.jpgf0126272_0395743.jpg


が、しかし、ちょびっとケチをつけるなら
シート操作は電動にしてほしかった~。
操作がいまひとつぎこちなくて、倒そうとするとガックンとなってしまうのが
残念でした。
その分、前方の座席下にアタッシュも収納可能なスペースを作ったらしいのですが・・・


f0126272_20333784.jpg
でもこのコンソールが、プライベート空間をしっかり確保してくれるので
良かったです。鏡で広がりを。
木目は私の好きなバーズアイメープル調だし、柔らかい色合いも国内線には目新しく、良いですね。



上着を預かってもらい、
離陸前には、CAからのご挨拶と食事のオーダーを取っていました。
(フライト時間短いですもんね)

食事は「お好きなものをお選びください」なスタイルで
有名レストラン、料亭と提携しているメニューもあるためチョイ興味があったのですが
時間帯によって提供できるものが分かれるらしく、
料亭の食事が出るのは夕刻の便のみ。
6月は「分とく山」だそうなのですが
調べてみると福岡→東京でファーストの設定があるのは15時台まで。
む~~。
福岡線では東京発の下り便しかチャンスがないってことなのね・・・。(TT)


なわけでワタシが選んだものはコチラ。
f0126272_0402770.jpg


f0126272_0411292.jpg
重箱弁当はかなり軽めの量ですね。


f0126272_20323828.jpg
6月のデザートは、鈴懸のあんみつ。
白みつをかけて頂きます(おいしかった♪)


機内ではアルコールも出ます。
6月は、北海道の酒造メーカー4社でサミット用に特別に造った純米大吟醸「彩花洞爺」が用意されていました。そして焼酎の森伊蔵も。

f0126272_0412064.jpg
スリスリしたくなるテーブルで(笑)食後のコーヒータイム。


ファーストの利用料は+8千円。
機上でのゆったり感もモチロン良かったですが、
「ラウンジの利便性+空港内のストレスのない移動」これが強く心に残りました。
コレはねぇ、いいですよ(笑)
ラウンジの場所を探す手間もないし、混雑しそうな空港をゆっくり過ごしたい時など
たまには使ってもイイかな、、、と思えた経験でした。
(なぁ~んて言っても、飛行機に乗るのなんて
たまにしかないので、クラスJでも十分なんですけどね(笑))


2008年7月現在で、ファーストの設定があるのは
東京-大阪、東京-福岡、東京-札幌線。

大阪は今まで使い勝手の良さから新幹線onlyでしたが、
大阪線には全便ファーストの設定があるので、
このファーストなら飛行機で飛んでも良いかもしれません^^

でもできれば、ワタシが一番よく使いそうな
沖縄線にもファースト導入してくれるといいんですけどね~(笑)<JALさん
(那覇空港のセキュリティゲートいつもとっても混むんですもの^^;)


後編では、ホテルをご紹介いたします♪
[PR]

by lilac283 | 2008-07-15 10:34 | 国内旅行


<< 福岡出張(後編)      ただいま~♪ >>