旅のメモ帳

lilac283.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 21日

お買いもの

よーやっとペニンシュラレポが終わって
宮古島編へ移る前に、ちょっと閑話休題。。。


今月に入ってから、ちょこちょこと細かいものを
お買い物しています。

といっても洋服や靴などではなく、
キッチン用品やお皿(笑)

今っていろんなのが出てるんですねぇ。
特にシリコン製品のキッチンツールが多いのにはビックリしてしまいました。
ブタさんの落としぶたは知っていましたが、鍋つかみ(熱くないの?)、
泡立て器にハケ、そしてこ~んなカップケーキの型まで。
しかし、シリコンのハケねぇ…食洗機にかけられるから便利なんでしょうが、
でも昔の道具のほうが美しい気がするのは古い人間だからでしょうか(^^;

お野菜を茹でるのに鍋に直接入れられるザル?みたいなものまであって、びっくりです。

ワタシはというと、
収納場所も増えたので、
長いこと使ってかなりくたびれてきたお鍋を
そろそろ新しいのが欲しくて
ちょこちょことキッチン用品売り場へ出向いてました。
新しく買うなら、サイズは?色は?と悩みつつ・・・。



そんな中、
思いきって購入してしまったのはコチラ♪




***

f0126272_21283965.jpg


ストウブのオーバル、サイズはなんと31cmです(笑)
(2人家族なのにそんな巨大なの買ってどうするのだー!というツッコミはおいといて…)

最初は、ル・クルーゼを買うつもりで出掛けたのですが
途中でこのストウブに出会ってしまい、
ルクとはまた違うこのワインレッドのような深い色合いに
ほぼ一目惚れ。

ルクにはじつは反対だったオットも(ホウロウは嫌いなんですって(涙))
「これならいいよ」とOKが出たので
決めてしまいました(*^^*)



さすがに重いけれど、
お魚まるごとにお野菜たっぷりでも
何でも入ります(笑)

2人家族だけれど、もともと、煮込み料理などは
たくさん量を作るほうが好きだし、美味しいですよね。(って我が家が単に大食いなだけ?)
それに人を招いたときなど特に
大活躍。

ストウブの特徴であるフタ裏の突起(ピコ)が
水蒸気をまんべんなく行き渡らせてくれるので
料理のできばえには感動。
蒸すだけでなく、ローストも得意分野だし
鍋底のザラザラな加工は逆に焦げも簡単に落ちるので
使い勝手も、とてもグーです。

ただしこの31cmの重さは、さすがに私には
蓋を洗うだけでも重労働(苦笑)

幸い、オット君は料理を食べるのも作るのも好きな人。
休日は、2人でキッチンに立つことが多いので
ストウブは休日使用限定にして
オット君に後片付けを手伝ってもらっております^^;)


でもこんなにお料理が美味しく出来るなら
もっと小さいストウブも欲しいなぁ(笑)(ぼそっ)


でもその前に・・・・

ストウブのこの重さを経験してしまうと
オソロシイことに、重いと敬遠していたどのお鍋も
店頭で見ても気にならなくなってしまいました。


ストウブの小型版も欲しいけど
もっと気兼ねなく使える、別のお鍋が先かしら?



と、いうことで。。。




もうひとつ、新たに仲間入り(笑)

f0126272_21285632.jpg


欲しかったフィスラーのキャセロール♪
こちらなら、以前買ったケユカのレードルとも好相性^^
(ストウブはシリコン製か木製のツールでないとダメなので)
f0126272_2129939.jpg

これまた大きいのは
めちゃくちゃ安かったからなんですが(^^;


どちらのお鍋も、
機能的には大満足♪
どちらも、少ない水分で蒸し煮することができるので
ジャガイモでも何でも、とっても美味しくお料理できるのが嬉しい^^
お鍋の力ってすごいのですねぇ。



お料理が楽しくなる威力の大きさに、
次もまたストウブかフィスラーの
普段使い用のサイズのお鍋を(18か20あたりが妥当?)
買いたくなっているワタシです(と、オットにアピール中~)

でもストウブのピコの10cmもかわいいんですよねぇ…(煩悩は尽きず!)


f0126272_21292320.jpg

[PR]

by lilac283 | 2008-08-21 13:00 | 日常のひとこま


<< 調味料入れ      ペニンシュラ東京(その2) >>